プリウスα

プリウスながら、プリウスとは全く違う存在感の「プリウスα」

プリウスαは、単にプリウスの車体をのばしてワゴンスタイルにしたクルマではありません。居住空間、荷室スペース、空力性能など相反する課題をひとつひとつクリアし試行錯誤を重ねてたどり着いたカタチなのです。ですからプリウスとは走りも乗り心地も全く別。ちょうど人間の兄弟のようなものなのです。

「風量調節」「設定温度切替」「吹き出し口切替」の3つの機能を、1つのダイヤルで簡単に操作可能。また、ドライバーの操作しやすい位置に、軽い力でシフトチェンジできる電子制御式シフトレバーを設定しました。

マルチインフォメーションディスプレイ内の表示切り替えなどの操作を、ステアリングを握ったまま操作でき、運転に集中できます。4方向スイッチにより縦横両方向に選択リストのある階層型メニュー操作もスムーズに。

ニッケル水素バッテリーの位置・形を調整することで、5人乗りでも、7人乗りでも、ゆとりの居住空間と広いラゲージを両立。ヘッドクリアランスと足元スペースに余裕が生まれ、快適な乗り心地をもたらしてくれます。

プリウスから受け継いだ、優れたハイブリッドシステム。モーターとエンジンを最適な効率で組み合わせて走行することで、圧倒的な低燃費と静粛性を実現します。CO2の排出量を低減し、温暖化防止にも配慮します。

人数やモノの形に合わせて、さまざまなシートアレンジが可能なプリウスαのラゲージスペース。リラックスモードでは、運転席と助手席をリクライニングすることにより、横になってくつろげる広い座席が生まれます。

ガラスと比べ約40%も重量が軽い樹脂製ルーフは、操縦安定性の確保に貢献。さらに、スイッチ操作で簡単に開閉可能な電動ロールシェードを採用。ドアロックに連動したオートシェードクローズ機能も備えています。