New86

乗るほどに手をかけるほどに楽しい、New TOYOTA 86

世界の道でテストを重ね、さらに高めた、走りの気持ちよさ。空気の流れを考え抜いた、美しくスポーティなデザイン。上質な空間で、運転に集中する、ドライバーを中心に考えたコックピット。86に乗り、その楽しさを知った人たちが、歓びをシェアし語り合うファンコミュニティサイトなどもあります。分かち合うほど楽しくなるNew TOYOTA 86を、ぜひ体感ください。

FRスポーツならではの気持ちよい走り、操る楽しさ

軽量かつ高剛性なマクファーソンストラット式を搭載しました。「水平対向エンジン+FR」のポテンシャルを最大限に発揮すべく、「低重心」「低慣性」を実現するレイアウトを採用したフロントサスペンション。「車両との一体感」「軽快さと安定性の両立」をめざしたダブルウィッシュボーン式のリヤサスペンション。さらに、トルセン®LSD*1を採用*2、トラクション性を向上させ、コーナーでの鋭い立ち上がり加速、高いコントロール性能を実現します。
*1.LSD:Limited Slip Differential
*2.GのAT車を除く全車に標準装備

ドライバーの感覚に呼応する、こだわりの操作性と機能性

トヨタ車最小径ステアリングホイールで、操舵性と握り心地を徹底的に追求しました。コンビネーションメーターは、タコメーターを中心に配した3眼タイプを採用。フロントシートは、スポーツ走行による前後左右の重力加速度にも耐えうるよう、身体を深く面で支えるシートバックとクッション断面を追求しました。TOYOTA 86は、「自分だけの1台を楽しみながら育てる」というAE86の精神を受け継ぎ、カスタマイズを前提に開発されたクルマです。エンジンやプラットフォームなどクルマの根幹をなす部分については、妥協なくつくり込む一方、サスペンションやインテリアなどはカスタマイズしやすくしています。

重心、空力、重量、全てを徹底的に考え抜いた美しきスポーツカー

低重心・低慣性、コンパクト、軽量化などを追求した「超低重心FRパッケージ」を採用、トヨタ車では最も低い*1ヒップポイント400mmを達成しました。4名乗車の室内空間を確保しながら、FRスポーツらしい意のままのハンドリングを実現。また、従来のダウンフォースを重視する空力性能を一歩進め、空気の流れを利用して上下左右からクルマを挟み込む発想「エアロハンドリング」を採用。さらに、走る楽しさを増幅させる吸気サウンドデバイス「サウンドクリエータ®」がドライバーの感性にダイレクトに応えます。
*1.2016年7月現在。

走りを心から楽しむため、こだわり抜いた予防・衝突安全機能

坂道での発進時、ブレーキからアクセルに踏み替える際に、ブレーキ油圧を保持することによって車両のずり落ちを緩和し、スムーズな発進を実現する「ヒルスタートアシストコントロール」。そして急ブレーキをかけると、ハザードランプが自動的に点滅し、後続車に注意を促す「緊急ブレーキシグナル」など安全性能を充実させました。衝突安全性に配慮したボディ構造は、前方からの衝突荷重をサイドシル側とフロアセンター側へとY字型に伝達する構造で、床下フレームの薄型化を図り、フロアの低床化を実現。低いドライビングポジションと衝突安全性能を両立し、さらに6個のエアバッグシステムを全車標準装備しています。